<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アジャテの祭り、明後日です。 | main | 窓掃除屋さんが竹で生活出来るのか!? Vol.50 >>

季刊「笛の音」第二十二号・冬至

月迫!

迫ってまいりました。年末。

自分の参加しているバンドのリハやら本番やら、年内の予定ほぼ消化されました。忙しいフリをしていて気がついたら冬至すぎちゃって、もうクリスマスだったのでカボチャのケーキを食べました。そして甘酒作りは、麹と混ぜる前のお粥を焦がしちゃって香ばしい甘酒になりました。年末ですね。滝澤です。

 

そうそう、アジャテの祭り。

今月十二月の二十二日でした。三軒茶屋の梅ちゃんバーにて楽しくやらせていただきました。癒しのアロマとロマンティックなキャンドルと、酒飲みにも食いしん坊にも嬉しい出張ご飯に彩られて、the sun とアジャテのステージはおおいに盛り上がりました。みなさまありがとうございました。これにて年内のアジャテ演奏会はおしまい。冬休みです。僕は大晦日のお囃子のおさらいします。

 

戸塚のお師匠は稽古内容の録音・録画に関してあまりいい顔をしなかったものです。録るヤツは練習してこない、みたいな事を仰っていたような気がします。稽古の場で集中し、たくさん吸収しなさいという事なのでしょう。その通りと思います。…だがしかし!師範代が日本を離れ、兄弟子は東京を離れ、稽古がはかどらない現状。師匠、どうか容赦願います!

戸塚囃子は伝統芸能保存会ではないですから。ナウいお囃子集団ですからね。情報や価値観、表現の手段など、なにかと多様化する現代社会の荒波に漕ぎ出してゆくわけですから、きっと師匠も、僕がお囃子の録音を聴いておさらいする事を容受してくださるに違いない。と、都合よく考えております。

 

一年間お囃子の稽古に通ってみて、どのくらいお囃子に近づけたもんかなぁ、と考えます。いまだに締め太鼓はいい音で鳴らせないし、稽古は休む事もちょこちょこあったし。笛の音が分からなくなるとめちゃくちゃ慌てるし。お祭りの雰囲気は好きだけど神輿のまわりの荒々しい雰囲気は苦手だし。お囃子と仲良くなるにはまだまだ先が長いなぁ。と。とはいえ今年は靖国神社で演奏できたし、夏はお祭りの山車の上で囃せたし、楽しかった。ま、来年も無理せず少しずつ身体に馴染ませてゆこうと思います。

 

みなさま、よいおとしを。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM