<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 窓掃除屋さんが竹で生活できるのか!? Vol.21 | main | 窓掃除屋さんが竹で生活できるのか!? Vol.22 >>

ジャンルなんて関係ないね Vol.7 - Sheila E

中村@大銅です。

アジャテに直接影響は与えてないけど、僕には絶対影響を与えてる。
そんな音楽を紹介する第7回目。
今回はシーラEをご紹介します。

僕が今までに2回だけライヴを観ていて泣いたことがあること、そのうちの1回がEddi Readerだったことを前回書きました。
残りの1回が彼女、Sheila Eです。

僕と同世代(40代半ば)の多くの方にとって、シーラEと言えば80年代半ばにPrinceプロデュースのもと鳴り物入りでデビューし、Glamorous Lifeの大ヒットを飛ばした女性シンガー、という認識かも知れません。
TVやPVでティンバレスにセットしたシンバルを蹴り上げるパフォーマンスをご覧になった方も多いんじゃないでしょうか。

ですが実際のシーラEは、西海岸ラテン・ミュージック界の重鎮:Pete Escovedoを父に、あのTito Puenteを名付け親に持ち、兄弟親戚にパーカッショニスト、アーティストがウジャウジャいるというパーカッショニストのサラブレッド中のサラブレッドで、今でも一線で活躍しています。
Princeと活動していた時代は、もちろんPrince流のFunk/Popな楽曲を演奏してましたが、本領はやはりラテンジャズです。

そんなシーラEが90年代半ばに自身のラテンジャズバンドを率いて来日。大喜びでBlue Note Tokyoに観に行った僕は、そこで経験した演奏に号泣したのでした。なんと説明すれば良いか分かりません。「グルーブが気持ち良すぎて涙が出る」というか。ひとしきりソロ回しが終わって、盛り上がっている個々の演奏がエンディングに向けて収斂してきた瞬間に、ブワっと涙が溢れてきたのを今でも鮮烈に覚えています。

「グルーブが気持ち良い」ということは、泣けるほどに感動的な経験なんすよね。
アジャテもそんなグルーブを出していきたいなぁ!!!っていう、ね (^^ゞ

↓ひゃーカッケー!!




↓この弱音!このクールさ!!
Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM